サッカー放送の情報を紹介

【2022年】ワールドカップ予選「日本vsオーストラリア」の放送を視聴する方法|テレビもネットも完全網羅!

テレビもネットも 2022年3月24日W杯予選 日本vsオーストラリア
FIFAワールドカップ・カタール大会アジア最終予選「日本vsオーストラリア」が、日本時間2022年3月24日午後6時10分に開催されます。

日本はオーストラリア戦に勝利すれば、7大会連続7度目のワールドカップ本大会出場が決定するとあって、大注目の試合です。

日本vsオーストラリアのサッカー中継は、動画配信サービスサブスクDAZNで独占配信されます。パソコンやスマホ、テレビでも視聴できます。

今回は、ワールドカップ予選「日本vsオーストラリア」のサッカー放送・中継を視聴するための方法を徹底的に紹介します。

スポンサードリンク

最強はどれ?日本vsオーストラリアの中継を視聴する方法を比較

DAZN 独占配信 月額3,000円(税込)
スカパー!サッカーセット 放送なし 月額2,480円(税込)
WOWOW 放送なし 月額2,530円(税込)
地上波・NHK 放送なし 月額2,530円(税込)

2022年3月24日のワールドカップ予選「日本vsオーストラリア」を視聴するにはDAZN一択です。地上波やNHK、BS・CS(WOWOWやスカパー)、他のサブスクでの放送はありません。

DAZN|独占配信

DAZNは、パフォーム・グループが運営するスポーツ中継に専門の動画配信サービスです。

ワールドカップ予選「日本vsオーストラリア」をライブ中継(生放送)で視聴できます。

見逃し配信や同時観戦(同時2視聴まで)もできるので機能的にも申し分ありません。また、CS放送と違ってネット中継なのでパソコン、スマホ、タブレットで視聴できます。テレビでも視聴できますよ。

放送日程は、DAZNの番組表をご覧ください。

そして、DAZNのもっとも注目すべきは価格の安さです。DAZNの料金プランは、月間プランと年額プランがあります。DAZNは、2022年の2月22日より、月額1,925円(税込)から月額3,000円(税込)に値上げされましたが、年間プラン一括払いなら、それほど大きな値上げには感じません。

月間プラン 月額3,000円(税込)
年間プラン一括払い 年額27,000円(税込)12ヶ月で割ると月2,250円(税込)
年間プラン月々払い 年額31,200円(税込)12ヶ月で割ると月2,600円(税込)

DAZNへの登録は、年間プランの一括払いが最もお得です。

ワールドカップ予選に加えて、Jリーグ、リーガ・エスパニョーラも見放題で視聴できます。これは、スカパー!やWOWOWといった他のサービスと比較してもかなり安いです。

プロ野球中継、サッカー、バスケットボール、テニスなど多くのスポーツ中継が視聴できるのも強みですね。

私もスポーツが好きなので、どう考えてもお得なDAZNを登録しました。結果的に大満足してますよ。

dアカウントで登録できるDAZN for docomoは、月額1,925円(税込)※2022年4月18日からは月額3,000円(税込)でお得です。

DAZN for docomoからの登録のみ初回31日間無料特典があります(2022年4月17日に終了)。

スポンサードリンク

まとめ:日本vsオーストラリアを見るならDAZNが最強

もう一度まとめると、ワールドカップ予選「日本vsオーストラリア」の中継を視聴するなら以下の1つの選択肢があります。

・DAZN

DAZNが独占です。試合を見たいならDAZNに登録しましょう。

以下ページでは、サッカー放送を視聴できるサービスをまとめています。他のリーグも見たい方は、参考にしてみてください。

この記事に出てくる動画配信サービスと比較する

作品名から動画配信サービスを探す

洋画 邦画
国内ドラマ 海外ドラマ
アニメ 子供向け
ディズニー ジブリ
スポーツ中継 バラエティ
音楽 出演者

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

安く簡単に自宅でWiFiを使う方法 WiFiルーターで動画配信サービスも快適に視聴できる

公開日: