動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

自宅でWiFiを安く簡単に使う4つの方法|動画もゲームもネットも快適!

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法
自宅にWiFi環境を作ると以下のようなことができます。

・スマホでアプリやゲームを遊ぶ
・タブレットでYouTubeなどの動画を見る
・ノートパソコンでブログを書く
・PS4などのゲーム機でオンラインで楽しむ
・テレビでAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを見る

LANケーブルや携帯電話の電波がなくても、インターネットを利用できます。これにより、家族で複数のスマホやタブレットを同時に使ったり、格安SIMの容量を減らしたり、いろんな楽しみ方ができます。

我が家でも、WiFiルーターを使ってWiFi環境にしています。子供がタブレットでゲーム、妻がスマホでネットショッピング、私がノートパソコンでブログなど、めちゃくちゃ便利に使ってますよ。

とはいえ、はじめてであれば「専門的な知識がわからないし難しそう」「何を選べばいいの?コストを安くしたい」など不安な面もあるでしょう。

しかし、自宅にWiFi環境を作ることは簡単です。

素人でもできるように、簡単に設定できるようになっていますよ。

このページでは、自宅でWiFiを使うための4つの方法を徹底的に紹介します!一人暮らしや単身赴任で、一時的にWiFi環境を作りたい方も、参考にしていただけます。

スポンサードリンク

自宅にインターネット回線がある人におすすめ


すでにフレッツ光やソフトバンク光などと登録して、インターネットができる環境にある人もいるでしょう。マンションでは、工事不要でいくつかの回線が使える状態にある場合もあります。

自宅にインターネット回線がある人には、WiFiルーターがおすすめです。無線LANルーターと呼ばれることもありますが、どちらも同じです。

WiFiルーター(無線LANルーター)

WiFiルーター
上記写真のような機器を自宅のモデムに接続して、簡単な設定をするだけでWiFi環境になります。

選び方

よほど高度な環境を構築しない限りは「部屋の間取り」「通信規格」の2点に注意して、WiFiルーターを選んでおけば問題ありません。

まず、「部屋の間取り」に関して。WiFiルーターは、1LDK用、2LDK用、3LDK用、4LDK用など部屋の間取りによって、種類がわかれています。これが、電波の届くおよその目安になります。例えば、2階建ての一戸建てなのに1LDK用のものを設置してしまうと、満足に電波が届かなくなります。

自宅の広さによって、合うものを購入しましょう。より快適に使いたいなら、一つ上の間取りを購入しておくことをおすすめします。

WiFiルーターから離れれば離れるほど電波が弱くなるので、動画やゲームをストレスなく利用したいなら、電波の強いWiFiルーターを選んでおく方が失敗が少なくなります。

それと、もう一つ注意したいのが「通信規格」です。WiFiルーターには、「11ac」「11n」などの通信規格があります。使用するスマホやタブレットやこの通信規格に対応していないと、満足に使えないことがあります。

どちらを購入すればわからないという場合は「11ac」のWiFiルーターを選んでおきましょう。「11ac」の方が通信規格として新しく、古い規格にも対応しているので、使える機器が多くなります。

なお、プロバイダから「月々○○円で無線LANルーターレンタル」というオプションがありますが、自分でWiFiルーターを購入することをおすすめします。一度、購入すれば月々の料金はかからないので、コストを安くできます。

バッファローやNECなど、およそ5,000円~2万円くらいのWiFiルーターがあり、Amazonや家電量販店でも数多く取り扱っていますよ。選び方に迷ったら、家電量販店の店員さんに聞くのもいいですね。

メリット

・すでにインターネット回線があるなら接続するだけで簡単
・月々の料金がかからないから安い

デメリット

・部屋の間取りに合ったWiFiルーターを選ばないと電波が弱い
・自宅の外ではWiFiを使えない

接続方法

(1)購入したWiFiルーターをコンセントにつなぐ
(2)モデムとWiFiルーターをLANケーブルでつなぐ
(3)パスワードなどを設定してWiFi接続(説明書参照)

おすすめのWiFiルーター

バッファローは、Amazonでも多くのレビューを集める人気のメーカーです。種類も多く、あらゆる間取りに対応できます。雑誌などでの評価も高いので、迷ったらバッファローでよいかと思います。

私はNECのWiFiルーターを使用しています。友人にすすめられたのがきっかけです。3LDKで家族3人で利用しています。つながりにくいということもなく、動画もネットも快適で満足しています。

自宅にインターネット回線(固定回線)がない人におすすめ


引っ越しが多い人や一人暮らしや単身赴任のワンルームマンション、新築一戸建てでは、自宅にインターネット回線(固定回線)がない場合もあるでしょう。

最近では、スマホでインターネットができるので、わざわざ工事をしてインターネット回線をつながない人もいます。

自宅にインターネット回線がない場合には、以下の3つの方法でWiFi環境にできます。

・モバイルWiFi(WiMAXなど)
・コンセントにつなぐだけ(SoftBank Air、HOME L01など)
・インターネット回線(ソフトバンク光、au光など) + WiFiルーター

それぞれ詳しくみていきます。

モバイルWiFi|自宅でも外でもWiFi環境

モバイルルーター
モバイルルーター(ポケットWiFi)という小型の通信端末を持ち運ぶことで、自宅でも外でもどこでもWiFi環境にできます。

モバイルルーターが、電波を発信するので、スマホでもノートパソコンでも使いたい機器の近くに置いておけば、いつでもどこでもインターネットを楽しめます。なお、モバイルルーターは充電式です。充電がなくなれば使えなくなるので、注意が必要です。

自宅だけでなく、カフェで仕事をしたり、旅行先でもインターネットを楽しみたい人におすすめです。ただし、携帯電話と一緒で、電波が届かないエリアもあります。自宅がエリア内にあるかどうかを確認しておきましょう。

一つのモバイルルーターで、複数のスマホやタブレットを接続できますが、使用する人の近くに置いておかないといけないので、一人向けですね。例えば、お父さんが外に持って行ってしまうと、自宅ではWiFiが使えなくなります。

選び方

モバイルWiFiの選ぶポイントは「料金プラン」「通信制限」「通信技術」の3つです。

モバイルWiFiを利用するには、通信会社(プロバイダ)との登録が必要です。月々の料金を支払って、利用する形になります。携帯電話と同じですね。

WiMAXもしくはWiMAX2+という通信技術が利用できるプロバイダがあります。WiMAX2+の方が新しく、性能もいいので通信エリアに対応しているならWiMAX2+を選ぶのがおすすめです。

WiMAX2+には、ギガ放題プランがあり、月々の通信制限を気にすることなく使い放題でインターネットができます。動画やゲームなど、通信容量を多く使う場合でも安心です。月に7GBなど制限があるプランもありますが、数百円ほどしか変わらないので、ギガ放題プランの方がコスパはいいです。

メリット

・自宅でも外でもWiFiがつながる
・ギガ放題プランなら使い放題

デメリット

・つながらないエリアがある
・ギガ放題以外のプランでは通信制限がある
・モバイルルーターの充電が必要

接続方法

(1)プロバイダと登録
(2)モバイルルーターを使ってWiFi接続

おすすめのWiMAXギガ放題

GMOとくとくBB、BroadWiMAX、So-netのいずれかがおすすめです。使い放題はもちろん、月額料金の安さ、そして高額キャッシュバックが理由です。つまり、お得な3社です。

サービス 月額料金 特典
GMOとくとくBB WiMAX2+ 3,609円~ 高額キャッシュバックが最大の魅力です。月額料金は高めですが、キャッシュバックを考えるとトータルでお得です。
【So-net モバイル WiMAX 2+】 3,380円~ 月額料金も安く、キャッシュバックも高いです。ソニーが運営していることもあり、信頼性やサポートの充実も魅力。全体的に安定感があります。
BroadWiMAX WiMAX2+ 2,726円~ とにかく月額料金が安いです。ただし、キャッシュバックがないので、トータルで考えるとGMOとくとくBBかSo-netが安いです。キャッシュバックをもらい忘れる心配があるなら、BroadWiMAXがおすすめです。

コンセントにつなぐだけWiFi|工事不要!簡単にWiFi環境を作れる

自宅にインターネット回線をひくには、工事が必要でした。しかし、最近では上記のような機器をコンセントに機器を接続するだけで、WiFi環境になり自宅でインターネットができます。

工事の費用もかからず、工事期間もないため新居でもすぐにインターネットを使えます。工事ができないマンションでも有効です。

ルーターを近くに持ち運ぶこともなく、簡単にインターネット環境を構築できます。

ただし、一般的には固定回線に比べて、速度は遅くなります。それでいて、月額料金はあまり変わりません。といっても、WiMAXからの乗り換えの場合、速度が速くなったと感じる人もいます。

メリット

・工事不要でインターネット(WiFi)ができる
・コンセントにさすだけ。すぐに利用できる

デメリット

・一般的に固定回線より速度はおとる
・つながらないエリアがある
・ギガ放題以外のプランでは通信制限がある
・外では使用できない

接続方法

(1)プロバイダと登録
(2)ルーターをコンセントにつないでWiFi接続

おすすめと選び方

コンセントにつなぐだけのWiFiなら「SoftBank Air」とUQ WIMAXの「HOME L01」があります。

サービス 月額料金 特典
SoftBank Air 3,800円~ ソフトバンクが提供するサービスです。キャッシュバック特典や割引キャンペーンが開催されていることもあります。また、スマホをソフトバンクにすると割引になる特典もあり、ソフトバンクの携帯電話を利用しているならお得です。
HOME L01 GMOとくとくBB 3,609円~ いくつかのプロバイダと登録できますが最もお得なのは、月額料金が安い、GMOとくとくBBからの登録です。また、HOME L01は、KDDIグループのサービスですので、auの携帯電話を利用しているならお得です。

速度に関しては、利用する環境やエリアによるので、一概には言えません。口コミを調べても環境によって、意見は分かれます。

従って、料金を比較して決めるのでよいかと思います。適時、割引やキャンペーンが適用できるので、比較してみてください。選ぶ際は、ルーターのレンタル料金も確認しておいてください。

インターネット回線 + WiFiルーター|家族みんなで高速WiFi環境を使える

WiFiルーター
工事をして、フレッツ光やソフトバンク光などのインターネット回線(固定回線)をひきます。従来のインターネットのつなぎ方ですね。マンションであれば、すでに回線がつながっている場合もあるでしょう。

そして、固定回線だけでは、WiFi環境にはならないので、最初に紹介したWiFiルーターをモデムにつないでWiFiにします。

メリットは、モバイルWiFiやSoftBank Airと比較して、速度が速く、安定していること。仕事やパソコンゲームで、ネットを安定させておきたいならインターネット回線の方がいいでしょう。

また、多くの機器と接続する場合も固定回線がいいです。私は、格安SIM(楽天モバイル)を利用していて、月の容量が5GBなので、自宅ではスマホもWiFi接続して、容量を節約しています。

ただし、工事が必要なので、自宅環境によっては難しい場合もあるかもしれません。また、3月、4月の引っ越しシーズンは工事が集中するため、時間もかかります。一度やってしまえば終わりなので、時間に余裕がある人は気にならないかもしれませんね。

後は、モバイルWiFiと比較して月額料金が高いです。一人暮らしで利用するなら、モバイルWiFiの速度で満足するかもしれませんし、外にも持ち出せるので、月額料金の安いモバイルWiFiの方がコスパがいい場合も。とはいえ、最近ではソフトバンク光やauひかりのように、携帯電話とセットで利用すると割引を受けられる固定回線もあります。

メリット

・速度が速く安定している
・多くの機器をWiFi接続したいときも安定する

デメリット

・工事が必要
・料金が高い

接続方法

(1)プロバイダと登録
(2)光回線の開通工事
(3)WiFiルーターをモデムにつないでWiFi接続

おすすめのインターネット回線と選び方

地域や自宅(一戸建て、マンション)によって、選べるインターネット回線は異なります。特にマンションの場合は、工事できるかを大家さんや管理会社に確認して、承諾を得なければならないため、すでにマンションにひかれているインターネット回線を利用するのがいいでしょう。

一戸建てで自由がきく場合やマンションでも複数の回線を登録しているなら、「ソフトバンク光」「auひかり」がおすすめです。

なぜなら、月額料金が安く、キャッシュバックやオプション特典も充実しているからです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、フレッツ光をソフトバンクが速度や品質を変えずに低価格で提供しているインターネット回線です。月額料金が集合住宅3,800円、5,200円(戸建て)と安いだけでなく、ソフトバンクユーザーならお得な割引が適用され(おうち割 光セット)、月額料金が最大1,000円も安くなります。

また、光回線の工事費無料やキャッシュバック特典、割引キャンペーンも豊富と導入のしやすさもポイント。

最大1GBと回線速度も速いので、家族で複数の端末を利用したい方や動画やゲームをしたい方でも、快適な高速インターネットを楽しめます。

auひかり

auひかりは、KDDIが提供しているインターネット回線。BIGLOBE光やSo-net 光など、auひかりを取り扱うプロバイダが豊富で特典が充実しています。

ソニーが運営する【So-net 光 (auひかり)】なら、割引かキャッシュバック特典のどちらかを選ぶことができます。

スポンサードリンク

まとめ:自宅でWiFiを安く簡単に使う4つの方法

最後にまとめます。

▽自宅にインターネット回線(固定回線)がある人におすすめ
WiFiルーター

自宅にインターネット回線があるなら、WiFiルーターが最もおすすめです。一度、購入すれば月額料金もかかりません。設定も簡単ですので、説明書通りにやればすぐにでもWiFi環境を作れます。

▽自宅にインターネット回線(固定回線)がない人におすすめ
・モバイルWiFi(GMOとくとくBB【So-net モバイル WiMAX 2+】BroadWiMAX
・コンセントにつなぐだけWiFi(SoftBank AirGMOとくとくBBなど)
・インターネット回線(ソフトバンク光など) + WiFiルーター

多くの機器を接続しない、速度が必要なゲームや仕事をしないなら、月額料金の安いモバイルWiFiがいいでしょう。外に持ち運べるので、一人での利用にもおすすめです。

自宅が工事をしにくいなら、コンセントにつなぐだけWiFiが最も簡単です。ただし、インターネット回線と比較して、一般的には速度が劣ります。工事ができるのであれば、インターネット回線をひいて、WiFiルーターを購入する方がいいでしょう。

料金と自宅の環境を考慮して、選んでみてください。

公開日:2017年9月26日