動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

  • 見放題で楽しめる 動画配信サービス比較 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題
  • DAZNが1ヶ月無料 野球やサッカーなどのスポーツ中継が見放題

【2019年】MLBの放送を視聴する方法|テレビもネットも完全網羅!

テレビもネットも MLB メジャーリーグ中継
アメリカの世界で最高峰プロ野球リーグ「MLB(メジャーリーグベースボール)」。2019年は、エンゼルスの大谷翔平、マリナーズの菊池雄星、ヤンキース田中将大など、日本人選手の活躍も楽しみです。

そんな、MLBの野球中継は、テレビだけでなく、パソコンやスマホといったネット中継でも放送されています。

今回は、MLBの野球放送・中継を1試合でも多く視聴するための方法を徹底的に紹介します!

スポンサードリンク

最強はどれ?MLBの中継を視聴する方法を比較

MLBは、複数のサービスで中継が放送されています。ライブ中継(生放送)もあれば、録画放送もあります。

しかし、それぞれ試合数や料金が異なるので、比較しやすいように一覧でまとめました。

DAZN 1日最大6試合配信、オールスター、ポストシーズン、ワールドシリーズ。日本人選手先発試合を中心 月額1,750円
J SPORTS 1+2+3+4 1日約1試合~3試合放送。日本人選手先発試合を中心 月額2,286円
スカパー!プロ野球セット J SPORTS 1、J SPORTS 2、J SPORTS 3を視聴可能 月額3,980円

この表を見てもわかるように、MLBを視聴するにはDAZNが最も優れています。価格が最も安く、日本人選手先発試合を中心に放送されるので、コスパがいいんですよね。

また、スマホやタブレット、パソコン、テレビで気軽に視聴できるので、私もDAZNを登録しています。

J SPORTSも日本人選手先発試合を中心に放送しますが、価格が高いです。とはいえ、CS放送なので録画できるメリットがあります。

ちなみに、スカパー!プロ野球セットに登録するとセ・パ12球団公式戦も視聴できます。

DAZN|現実時点では最も最強

DAZNは、パフォーム・グループが運営するスポーツ中継に専門の動画配信サービスです。

MLBは、日本人選手先発試合を中心に1日最大6試合をライブ中継(生放送)で視聴できます。

見逃し配信や同時観戦もできるので機能的にも申し分ありません。また、CS放送と違ってネット中継なのでパソコン、スマホ、タブレットで視聴できます。テレビでも視聴できますよ。

そして、DAZNのもっとも注目すべきは価格の安さです。MLBに加えて、以下10球団が主催するプロ野球の公式戦、オープン戦も視聴できます。

阪神タイガース、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、横浜DeNAベイスターズ、福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス(一部のオープン戦は対象外)

野球の他にも、Jリーグ、プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグ、バスケットボール、テニスなど、多くのスポーツ中継が視聴できて、1,750円で見放題になります。これは、スカパー!やWOWOWといった他のサービスと比較してもかなり安いです。

私もスポーツが好きなので、どう考えてもお得なDAZNを登録しました。結果的に大満足してますよ。

スポンサードリンク

J SPORTS

元々は、MLBの中継といえばJ SPORTSでした。しかし、DAZNでも放送されるようになりユーザーの選択肢が広がりました。

MLBの中継は、日本人選手先発試合を中心に1日約1試合~3試合放送されています。CS放送なので録画できるメリットがあります。

MLB以外にもサッカーやラグビーなど、スポーツが充実しているので、他の番組も含めてメリットがあると感じれば価値はあります。

なお、J SPORTSを視聴するにはスカパー!かJ:COM、ひかりTVのいずれかに加入する必要があります。

スカパー!プロ野球セット


スカパー!プロ野球セットは、セ・リーグ、パリーグの全球団の全試合が視聴できる日本一のプロ野球中継サービスです。料金は月額3,980円。スカパー!の登録が必要です。

プロ野球中継を放送している複数のチャンネルをパックで登録する仕組みなので、プロ野球以外の番組も視聴できます(一部チャンネルを除く)。

J SPORTS 1、J SPORTS 2、J SPORTS 3もセットに入っていて、MLBも放送されています(J SPORTS 4は視聴できない)。

そのため、日本のプロ野球に加えて、MLBも視聴したい方におすすめです。ただし、J SPORTS 4は含まれていないので注意してください。

注意点:スポナビは終了

以前、MLBを放送していたスポナビライブはサービスが終了しました。

MLB所属の日本人選手

以下は、MLBに所属している日本人選手の一覧です。放送されるチームをチェックする際に、活用してみてください。

ロサンゼルス・エンゼルス 大谷翔平
ニューヨーク・ヤンキース 田中将大
シアトル・マリナーズ 菊池雄星
シカゴ・カブス ダルビッシュ有
シカゴ・カブス 田沢純一
ロサンゼルス・ドジャース 前田健太
アリゾナ・ダイヤモンドバックス 平野佳寿
サンディエゴ・パドレス 牧田和久

まとめ:MLBを見るならDAZNが優位

もう一度まとめると、MLBの中継を視聴するなら以下の3つの選択肢があります。

・DAZN
・J SPORTS
・スカパー!プロ野球セット

「日本人選手先発試合を中心に視聴できる」「月額費用が安い」という点を考えるとDAZNが最も充実しています。

CS放送で見たい方や録画放送を楽しみたい方は、スカパー!J SPORTSの加入を検討しましょう。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2019年5月21日