動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

Amazonプライムビデオの口コミ評判|他のサービスと比較して決定的に優れているポイント

Amazonプライムビデオ 口コミ評判
「Amazonプライムビデオって登録する価値あるの?」

Amazonの動画見放題サービスとして評価の高いAmazonプライムビデオ。しかし、契約すると1年間の年会費がかかるため、本当にメリットがあるのかどうか不安に思うこともあるでしょう。

HuluやdTVなどの低価格な動画配信サービスは他にもあるので、比較して迷っている人も多いはず。私もかつてはその一人で、評判を聞きながらもずるずると登録せずにいました。ところが、年末のセールで、プライム会員のみ割引になる商品があったので、それがきかっけで登録してみることに。

実際に3ヶ月ほど使ってみて、Amazonプライムビデオが他のサービスよりも、決定的に優れていると思ったのは以下の3点です。

・プライム会員の特典が豊富
・Amazonプライムビデオ限定の動画がある
・動画をダウンロードできる

他にもメリットはありますが、この3つができるだけでも、十分に価値があったと断言できます。家族で毎日のように映画やアニメを見ていて、あっという間に元がとれましたよ。

このページでは、Amazonプライムビデオのメリットやデメリットなど、実際に使って分かった口コミ情報をお届けします。

スポンサードリンク

Amazonプライムビデオとは


まずは「どんなサービスかよくわからない」という人のために、基本的なサービス内容を紹介します。

Amazonプライムビデオとは、映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題のサービスです。パソコンやスマホ、タブレットの他、Amazon Fire TVなどを使えばテレビでも視聴できます。

配信されている動画数は約22,000タイトル(2017年2月現在)。一時はHuluなどと比較して、動画の数が少ないと言われていましたが、どんどん増えているので見たい動画は見つかるはず。バイオハザードやバックトゥザフィーチャーなど、人気の映画やメジャータイトルもラインナップされています。

”プライム”という帯がかかった動画が見放題の対象です。登録前にもチェックできるので確認してみましょう。

Amazonプライムビデオの料金について

Amazonプライムビデオに登録するには「Amazonプライム会員」になる必要があります。プライム会員の料金は以下。

年会費 3,900円(月額あたり325円)
※月額会員の場合は1か月400円

年間契約だけでなく、月額400円で、月額会員として1か月単位でも登録できます。年間契約は、1年間分の料金を支払うことになりますが、月額料金としてはお得です。

Amazonプライム会員になれば、Amazonプライムビデオを見放題で視聴できます。

なお、よく勘違いするのが、Amazonビデオ内のすべての動画が見放題になると思ってしまうこと。Amazonビデオには「見放題」の動画と「レンタル(有料)」「購入(有料)」の3つの視聴方法があります。新作などは、ほとんど有料でのレンタルか購入になります。

料金について、詳しくは以下ページにまとめました。

では、他の動画配信サービスと比較して安いか高いか。以下は他の動画視聴サービスとの価格の比較です。

Amazonプライムビデオ 月額325円(年会費3,900円)
dTV 月額540円
DMM見放題chライト 月額540円
Hulu 月額1,007円
U-NEXT 月額2,149円

これだけの安い料金で、プライム会員の特典が付くのでコスパのよさは他の追随を許しません。ただし、動画の本数や配信している動画などに差があるので、詳しくは以下ページもご覧ください。

よく比較される動画配信サービス「Hulu」とも違いを比較しています。

スポンサードリンク

Amazonプライムビデオの評価|最強に優れている3つのメリット

プライム会員の特典が豊富

年会費を支払えば、プライム動画が見放題になります。でも、実はこれ、プライム会員の豊富な特典の一つにすぎません。プライム会員になると以下の特典をうけることができます。

・Prime Musicが聞き放題
・Kindleオーナーライブラリー(Kindle本が毎月1冊無料)
・プライム・フォト(何枚でも写真を保存可能なサービス)
・お急ぎ便、お届け指定便が使い放題
・プライム会員限定の先行タイムセール
・プライム会員限定キャンペーンに参加できる
・Amazonパントリーが利用できる
・おまとめ割引

Amazonプライムビデオに加えて、これだけの特典がつきます。他の動画視聴サービスにはない、Amazonならではの特典ですよね。

プライム会員の特典は、Amazonをよく利用する人以外はメリットを感じられないかもしれませんが、Prime Musicやプライム・フォトは買い物をしなくても便利なサービスとして活用できます。私は通勤やランニング中にPrime Musicで曲を無料ダウンロードして、よく聞いてますよ。

Amazonプライムビデオ限定の動画がある

他の動画視聴サービスにはないAmazonプライムビデオならではの動画があります。例えば、松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」や「仮面ライダーアマゾンズ」、「坂上忍流ディープな夜遊び」など。

おまけではなく、本気でクオリティの高いとして仕上がっていて、見ごたえがあります。月額たったの325円でここまでの番組が見れるのはAmazonのすごさです。

また、限定ではないものの人気のゾンビドラマ「ウォーキング・デッド」シリーズやバイオハザードやジュラシックパークといった映画、妖怪ウォッチやドラえもんといったアニメなど、強力なラインナップも最高です。

大人から子供まで、家族で存分に楽しめますよ。家族みんなが楽しめるなら登録する敷居も低くなるはず。スカパー!やWOWOWを契約するより断然安いので。

動画をダウンロードできる

容量制限のある格安SIM(楽天モバイル)を利用している私が大満足しているのは、動画をダウンロードできること。映画やドラマをあらかじめスマホにダウンロードしておけば、オフラインでも動画を視聴できます。

私は見始めると止まらなくなるウォーキング・デッドシリーズをダウンロードして、通勤電車で見ています。時間を有効活用できるので助かっていますよ。

また、最大で25本までダウンロードできるので、長旅やインターネット環境がない実家への帰省時にも活躍します。

他のサービスと比較したデメリット

動画の本数が少ない

Amazon限定の動画があるとはいえ、全体的な本数は他のサービスより少ないです。以下は、2017年2月現在での人気サービスとの本数の比較です。

DMM見放題chライト 約7,000本
Amazonプライムビデオ 約22,000本
Hulu 約40,000本
dTV 約120,000本
U-NEXT 約120,000本

どんな作品をどれだけ見たいかにもよります。私はAmazonプライムビデオの本数でもすべて見切れないほど十分なんですが、満足できない人もいるでしょう。本数だけならdTVのコスパも抜群にいいので。

ただ、これは今現在の本数で、どんどん増えているので期待したいですね。

利用者の口コミ・評判

私の感想だけでは、隔たるかもしれませんので、実際に利用している人の口コミをまとめました。

メリット


安いことをメリットに感じている人は多いです。


見放題なので、なんとなく気になった動画を見て、新たな発見をすることもあります。


ドラマの全話を一気に見ることができます。レンタルビデオ店で何本も借りて、わざわざ返却しにいかなくていいのは便利。


Fire TV Stickなどの機器を使えば、テレビでの視聴も可能です(後ほど紹介)。大画面で迫力があるし、家族や友達とも一緒にみれます。画質も我が家ではきれいに映っていて、問題ありません。


このような「見過ぎてしまう」発言はすごく多いです。子どももアニメを見始めたら止まりません(もしかしたら、デメリットかもしれませんが)。

デメリット


プライム会員になったら、Amazonプライムビデオを見れることをしらない人もいるみたいです。確かに、どんな特典があるかわかりにくいんですよね。知らない人は、損してるかも。


Amazonプライムビデオに限らずなんですが、動画配信サービスは、配信会社と提携して、見放題を実現しています。もし、提携が切れると見放題のラインナップから外れます。いつまでも、見られるわけではないので注意。

評価の悪い発言としては、ほとんどが「見られなくなるから急いで見なければ」でした。見たい動画があれば、早めに見ておくことをおすすめします。

登録前に知っておきたいAmazonプライムビデオのよくある質問

どんな端末で見れるの?

スマホ、タブレット、テレビ、パソコンで視聴できます。

タブレット
スマホ、タブレットの場合は、Fire OS、iOS、Androidに対応しています。

Fire OSは、Amazonが販売しているFire 7、Fire HD 8 タブレットに搭載されているOSです。プライム会員なら、クーポンを利用して、1万円以下で購入できます。

Androidではないので、利用できるアプリは少ないですが、Amazonのサービス(Amazonプライムビデオ、Kindle(電子書籍)、Kindle UnlimitedPrime Music)に関しては、使い勝手が抜群にいいです。

また、NetflixやHulu、Youtubeなど、Amazonプライムビデオ以外の動画サービスも視聴できます。動画用タブレットとしては、優秀ですね。私も安さにつられて購入しましたが、サクサク動くし、毎日愛用しています。

その他、iPad、Androidのスマホ、タブレットにはアプリがあるので、快適に利用できます。詳しくは、以下ページにまとめました。

テレビに関しては、Amazonが販売しているFire TV StickのWiFi環境があれば、簡単に接続できます。

スマートテレビやブルーレイレコーダーでもAmazonプライムビデオのアプリが入っている機種であれば、テレビで見られます。

パソコンでもWindows、Mac OS、Linuxのブラウザで視聴できます。ただし、バージョンによっては視聴できないこともあります。詳しくは、以下ページにまとめました。

字幕でも吹替でも見れるの?


視聴できます。ただし、動画によっては、どちらか一方の場合もあります。

以下リンクをクリックしていただくと、字幕と吹替えの動画を簡単に探せます。

もっと詳しい探し方については、以下ページもご覧ください。

30日間無料お試しの登録方法

Amazonプライムビデオを視聴するには、まず、Amazon会員(無料)になり、その後、プライム会員になる必要があります。

プライム会員への初回登録は、30日間無料お試しで利用できます。もしも、サービスが気に入らなければ、30日以内に解約すれば料金はかかりません。無料です。

以下、手順をまとめます。

(1)Amazonにアクセスして会員登録をする
※すでに会員の方は、ログインするだけでOKです。


(2)Amazonプライムにアクセスして、「30日間無料体験を試す」をクリック。

(3)完了
以上で完了です。めちゃくちゃ簡単ですね。30日間の無料お試しがはじまります。

解約は簡単にできる?

お試し期間中や契約後の解約方法について紹介します。「どこから解約すればいいかわからない」「なかなか解約できなかったらどうしよう」と考える方もご安心ください。

Amazonプライムは、簡単に解約できます。


アカウントサービスよりAmazonプライム会員特典にアクセスします。このページでは、会員プランの変更や次の支払日などが、確認できます。

解約は「会員登録をキャンセル(特典を終了)」をクリックするだけです。わかりやすい場所に記載してくれているので、いつでも解約できます。ただし、解約するとAmazonプライムビデオ以外のプライム会員特典も使えなくなるので、注意しましょう。

まとめ:こんな人におすすめ!

Amazonプライムビデオを実際に使ってみた口コミをまとめると以下のようになります。

・Amazonのサービスをフルで使い倒したい
・Amazon限定の動画が見たい
・動画をスマホにダウンロードしたい

こんな用途の人には最強におすすめです。

デメリットは、動画の本数。どんな作品を見たいかを他のサービスと比較しておきましょう。


総合的には、年額3,900円でこれだけのサービスを受けられるので、登録しても後悔はないと思います。私はもう解約することはないと断言できるほど満足しています。


しかも、学生であれば、さらに安い年会費1,900円 (月額159円)という破格で登録できますよ。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年2月25日