動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

  • 見放題で楽しめる 動画配信サービス比較 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題
  • DAZNが1ヶ月無料 野球やサッカーなどのスポーツ中継が見放題 2019年4月3日まで

AmazonプライムビデオとHuluの比較|決め手になる7つの比較ポイント

AmazonプライムビデオとHulu
人気の動画視聴サービス「Amazonプライムビデオ」と「Hulu」。

どちらも月額1,000円以下の低価格で、映画やドラマが見放題になるので、よく比較検討されます。

しかし、動画視聴サービスをはじめて利用するのであれば「ほんとうにお得なのか」「どちらの方がメリットがあるのか」と悩んでしまうこともあるでしょう。

私は映画やドラマを見るのが好きなので、両方とも利用しています。

実際に利用してみてわかったのは、どちらが優れているサービスかは一概にはいえないこと。どちらも優れているサービスで、利用する人が何を重要視するのかで異なるからです。

このページでは、AmazonプライムビデオHuluにおいて、ここだけはチェックしておきたいという以下のポイントを比較しました。

(1)本数と質
(2)オリジナル動画
(3)視聴環境
(4)オフラインでの視聴
(5)画質
(6)付加価値
(7)料金

メリットとデメリットを考慮して、自分に合っている方を利用してみてください。

スポンサードリンク

ここが決め手!AmazonプライムビデオとHuluの7つの比較ポイント

(1)動画の本数と質|圧倒的にHuluに軍配


動画視聴サービスの魅力として、最も重要なのは動画の本数と質でしょう。「登録したものの見たい動画がなかった」のでは悲しすぎます。しかし、本数と質に関しては、両者とも優れたサービスであることは間違いありません。

ジャンルとしては、洋画、邦画、ドラマ(海外、日本)、アニメ(海外、日本)、バラエティ、ドキュメンタリーと両者とも同じ。ただし、ラインナップと本数が異なります。

Hulu 約40,000本
Amazonプライムビデオ 約23,000本

 
本数では圧倒的にHuluに軍配が上がります。しかし、Amazonプライムビデオの開始当初は、ラインナップの少なさをデメリットとする声もあったんですが、大差がなくなってきています。新作は両者ともに随時追加されているので、ラインナップに関しても、ほぼ互角の内容。

ここで上げるときりがないので省略しますが、有名作品や話題の作品は両者ともに豊富です。

ただ、現在放送中のテレビ番組ドラマを視聴できる「見逃し配信」や海外ドラマを国内最速で視聴できる「huluプレミア」など、ドラマに関してはhuluが一歩抜き出て強いです。日テレやフジテレビなどのテレビ局のサービスと連携しているのが大きいですね。

Amazonプライムビデオもよほどのマニアでもない限り、動画を楽しむ分には十分ですし、最新のドラマが見たいのであればHuluもおすすめ。動画のラインナップは、登録する前にも確認できますので、チェックしてみましょう。

比較ポイント|メリットとデメリット

・Huluの方が配信本数が多い
・Huluの方がドラマに強い
・ラインナップは互角。登録前にチェックしておく

(2)オリジナル動画|Amazonプライムビデオが有利か


両者ともに他の動画サービスにはないオリジナルの動画が配信されています。以下はその一例です。

Hulu 鬼三村 ~ダメ後輩達よ、面白くあれ!!~
渡部の歩き方 グルメ王の休日
デスノート NEW GENERATION
でぶせん
代償
ニーチェ先生
風とロックとHulu
Amazonプライムビデオ HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル
クレヨンしんちゃん外伝
ウルトラマンオーブ
仮面ライダーアマゾンズ
東京女子図鑑
福家堂本舗
石ちゃんのSAKE旅
バチェラー・ジャパン

好みにもよりますが、現状はAmazonプライムビデオの方が、力を入れているように思えます。HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルや仮面ライダーナーといった人気タイトルは話題にもなっていました。

比較ポイント|メリットとデメリット

好みによります。無料期間を利用してお試しで視聴してみましょう。

(3)視聴環境|汎用性があるのはHulu

視聴環境
両者ともにテレビ、パソコン、スマホ、タブレットで視聴できます。ただし、視聴するための対応機器が異なるので注意しておきましょう。

Hulu シャープ テレビ「AQUOS」
パナソニック テレビ「VIERA」/ ブルーレイディスクレコーダー「DIGA」
ソニー テレビ「ブラビア」/ブルーレイディスクプレーヤー
Nexus Player
Chromecast
PlayStation®Vita TV
Apple TV
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Air Stick
PlayStation®4
プレイステーション 3
Wii U
PlayStation®Vita
iPhone、iPad、iPod touch(iOS 7以降)
Androidスマートフォン/タブレット
Fireタブレット
Microsoft Windows 7以上 ・ Mac OS X 10.9以上
Amazonプライムビデオ iPhone、iPad、iPod touch(iOS 7以降)
Androidスマートフォン/タブレット
Silverlight(Windows/Mac)
PlayStation®4
プレイステーション 3
Wii U
Amazon Fire TV
Amazon Fire TV Stick
Fireタブレット
Windows 7 以上
Mac OS 10.7 以上
LinuxおよびUNIX OSの場合はChrome。
テレビ(対応機種)
Blu-rayレコーダー(対応機種)

注目すべきは、Apple TVとChromecastがAmazonプライムビデオに対応していないことです。Amazonプライムビデオは、独自の路線で勝負しているため、ライバル会社の端末からは排除されています。

Huluに関しては、ほとんどの機種に対応しています。あなたのご家庭にも、すでに視聴できる環境が豊富にあるかもしれません。

比較ポイント|メリットとデメリット

・AmazonプライムビデオはApple TVとChromecastに未対応
・Huluは視聴環境が豊富

(4)オフラインでの視聴|Amazonプライムビデオ一択


動画をスマホやタブレットにダウンロードすることで、オフラインでも視聴できるメリットがあります。格安SIMで容量に制限がある人にも便利です。

Hulu ダウンロードできない
Amazonプライムビデオ ダウンロード可能
・Fireタブレット
・Android(スマホ、タブレット)
・iOS(iphone、ipad)

 
Amazonプライムビデオは、ダウンロードに対応しています。私は楽天モバイル(5GB)を利用しているので、容量に制限があります。そのため、いつもスマホにダウンロードして視聴しています。

Huluはダウンロードできません。裏ワザを使えばできるようですが、違法なのでやめておきましょう。

比較ポイント|メリットとデメリット

・Amazonプライムビデオはダウンロードできる
・Huluはダウンロードできない

(5)画質|両者ともに互角


画質は映像の美しさです。視聴するデバイスや動画によって異なりますが、基本的には以下の画質に対応しています。

Hulu 720p(HD)、480p(SD)、360p、288p
Amazonプライムビデオ 2160p(4K Ultra HD)、720p・1080p(HD)、480p(SD)

Amazonプライムビデオは、4K Ultra HDに対応しているものの本数が少ないので、完全なメリットとは言い難いです。どちらもHDに対応しているので、画質に関しては互角と考えてよいと思います。

ネットでの口コミを調べても、極端に悪いという声はあまり見かけないので。私もテレビやスマホでAmazonプライムを視聴していますが、何のストレスもなく十分に楽しめています。

比較ポイント|メリットとデメリット

・両者ともに大差はない

(6)付加価値|Amazonプライムビデオの圧勝


動画が見放題というのは、両者とも同じです。しかし、それ以外の付加価値はどうでしょうか。

Hulu なし
Amazonプライムビデオ Amazonプライム プライム会員の特典が付く
・Prime Musicが聞き放題
・Kindleオーナーライブラリー(Kindle本が毎月1冊無料)
・プライム・フォト(何枚でも写真を保存可能なサービス)
・お急ぎ便、お届け指定便が使い放題
・プライム会員限定の先行タイムセール
・プライム会員限定キャンペーンに参加できる
・Amazonパントリーが利用できる
・おまとめ割引

AmazonプライムビデオはAmazonプライム会員になることで、動画が見放題になります。そのため、プライム会員の付加価値がもれなくついてきます。Amazonの利用者だけでなくとも、Prime Musicやプライム・フォトは価値があるサービスといえます。

Huluは動画を視聴するために特化したサービスなので、これといった付加価値はありません。

比較ポイント|メリットとデメリット

・Amazonプライムビデオにはプライム会員の特典が付く
・Huluには付加価値がない

(7)料金|Amazonプライムビデオの方が安い

Hulu 月額1,007円(税込)
Amazonプライムビデオ Amazonプライム:年額4,900円(月額408円)(税込)
Amazon Student:年額2,450円(月額158円)(税込)

 

まず、両者はAmazonプライムビデオは年額(一括払い)とHuluは月額という点に注意しておきましょう。これを月額換算するとAmazonプライムビデオの方が圧倒的に安いことがわかります。

また、学生であればAmazon Studentへの登録でも同じサービスが受けられるのでお得ですよ。

単純に料金を比較すると圧倒的にAmazonプライムビデオが安いですね。前項で紹介したPrime Musicなどの付加価値も付くので、コスパはかなりいいです。

ただし、Huluの方が動画の本数が多いです。とにかく動画をたくさん視聴したいのであれば、Huluがよいでしょう。

比較ポイント|メリットとデメリット

・Amazonプライムビデオの方が圧倒的に安い
・Amazon Studentならさらに安い
・Amazonプライムビデオは、付加価値が多い
・Huluの方が動画の視聴本数が圧倒的に多い

まずは無料でお試しが鉄則|解約しても料金がかからない

両者ともにはじめての登録であれば無料期間があります。無料期間内であれば解約しても料金はかからないので、実際に試してみるのがいいでしょう。特にオリジナルビデオの面白さは、視聴してみないとわからないですよね。

Hulu 2週間
Amazonプライムビデオ 30日間

「登録してみたものの実際はあまり見なかった」という心配がある人も、無料期間内で試してみるのがおすすめです。

実際に私も「利用価値がなければ解約しよう」と思って、プライム会員に登録しました。ところが、想像以上にめちゃくちゃ面白くて、解約する気は全くありません。通勤電車や就寝前などに映画を見られるチャンスが増えて、ライフスタイルが変わりました。

それに、私だけでなく、家族も喜んでいるので。両者共に、アニメやドラマ、バラエティなど幅広い年齢層に受け入れられる番組構成はさすがです。

まずは、お試しで登録してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

最後にAmazonプライムビデオとHuluの重要なポイントを比較してまとめます。

・Huluの方が配信本数が多い
・Huluの方がドラマに強い
・Huluは視聴環境が豊富
・Huluはダウンロードできない
・Huluには付加価値がない
・Huluの無料お試し期間は2週間

・Amazonプライムビデオにはプライム会員の特典が付く
・Amazonプライムビデオはダウンロードできる
・AmazonプライムビデオはApple TVとChromecastに未対応
・Amazonプライムビデオの方が料金が圧倒的に安い
・Amazon Studentならさらに料金が安い
・Amazonプライムビデオの無料お試し期間は30日間

好みによる:ラインナップ、オリジナルビデオ、画質

総合的には、動画視聴サービスの本質である「動画を視聴する」という点ではHuluに軍配が上がります。Amazonプライムビデオは、プライム会員の特典の1つなので、動画以外のメリットが付くことが大きいです。

最終的には、視聴できる動画のラインナップによるので、好みに分かれます。両方に登録してみて、無料お試し期間で探ってみるのがおすすめです。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年2月27日