動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

U-NEXTの口コミ評判|他のサービスと比較して決定的に優れているポイント

U-NEXTの口コミ評判
「U-NEXTって広告をよく見るけど何がお得なの?」

U-NEXT(ユーネクスト)は、映画やドラマを見放題または単品で視聴できる動画配信サービスです。

2001年にBROAD-GATE 01としてサービスを開始し、GyaO NEXT、U-NEXTと移り変わり、現在に至ります。最近では、HuluやAmazonプライムビデオが目立ちますが、日本では、歴史がある動画配信サービスなんですよね。

それでも、U-NEXTは積極的に広告を出しているので、一度や二度はロゴを見たことがあるのではないでしょうか。

しかし、パッとみた感じ、他の動画配信サービスと比較しての違いがわかりにくいですよね。それに、料金は月額2,149円。月額1,000円を切る動画配信サービスが多いなかで、割高ともいえる価格設定なんです。

とはいえ、その料金が高いのには理由があって、以下のようなサービスが充実しているからなんですよね。

・見放題動画が50,000本以上
・70誌以上の雑誌が読み放題
・新作の視聴や漫画に使える1,200円分のポイントが毎月もらえる
・ポイントを映画館での鑑賞チケット割引に使える
・動画をダウンロードできる
・視聴できる機器が豊富

他にもメリットはありますが、この7つに関しては、他の動画配信サービスと比較しても優れていると断言できます。

動画見放題 + 新作 + 雑誌読み放題がセットになっているサービスはほとんどありません。

これだけのエンターテイメントが揃っていれば、U-NEXTだけですごく楽しめます。

このページでは、U-NEXTのメリットやデメリットなど、口コミ情報をお届けします。

スポンサードリンク

U-NEXTとは


まずは「どんなサービスかよくわからない」という人のために、基本的なサービス内容を紹介します。

U-NEXTとは、スマホ、タブレット、パソコン、テレビで動画を視聴できるサービスです。

会員になることで、以下の3つのサービスを月額2,149円で利用できます。

・映画やドラマ、アニメなど50,000本以上が見放題
・70誌以上の雑誌が読み放題
・1,200円分のポイントが毎月もらえる(有料コンテンツのレンタルに使える)

動画見放題だけでなく、1,200円分のポイントを使って新作動画のレンタルや漫画の購入もできます。料金について詳しくは、以下ページをご覧ください。

それと有料オプションにはなるのですが、1,000ch以上の音楽番組が聴き放題の「スマホでUSEN」というサービスもあります。

つまり、動画、漫画、雑誌、音楽コンテンツがすべてU-NEXTで楽しめます。提供されているコンテンツの数も日本で最大規模。

質も量もエンターテイメントを最大限に楽しみたいという人のための、動画配信サービスといえます。

U-NEXTの評価|最強に優れている5つのメリット

見放題動画が50,000本以上

洋画、邦画、海外・国内ドラマ、韓流、アニメ、子供向け番組など50,000本以上の動画が見放題になります。

見放題の作品数を比較すると以下のようになります。

U-NEXT 約50,000本
Hulu 約40,000本
Amazonプライムビデオ 約22,000本
DMM見放題chライト 約7,000本

現時点(2017年4月)では、見放題作品数はU-NEXTがトップです。

しかも、人気作品、話題作品が充実していて、ラインナップの質も高いです。個人的には、Amazonプライムビデオよりも上だと思っています。特に、韓国ドラマ子供向けアニメが充実していますね。

とはいえ、見たい作品は人によって好みがわかれます。U-NEXTでは、登録前にもどんな見放題作品があるかをチェックできます。


メニューから絞り込み検索をかけるか、アイコンをチェックしましょう。

「見たい作品がないかも」と不安な人は、登録前に確認しておくのがおすすめです。

70誌以上の雑誌が読み放題

週刊誌やファッション雑誌、スポーツ雑誌など70誌以上が読み放題になります。

雑誌は、スマホやタブレットで閲覧する電子ブック形式になっています。重たい雑誌を持ち歩かなくても、手軽に読むことができるのがメリットです。しかも、料金は定額プランに含まれているので、ぜんぶ無料なんですよね。

雑誌のラインナップは追加・変更になることもあるので、公式サイトでチェックしてみてください。

新作の視聴や漫画に使える1,200円分のポイントが毎月もらえる

U-NEXTでは、1ポイントを1円として有料コンテンツのレンタルまたは購入に使えます。有料コンテンツを利用したい時は、ポイント分が別途請求される仕組みになっています。

定額サービスに加入すると、そのポイントを毎月1,200ポイントをもらえます。このポイントを使えば、見放題では提供されていない新作映画を視聴することも可能です。

月額2,149円から、この1,200ポイント分を差し引くとHulu(月額1,007円)と同じくらいの価格になるんですよね。

Huluは見放題作品だけで、新作映画は視聴できません。そのため、見放題作品もみたいし、新作も見たいという人は、U-NEXTの方が合っています。

ポイントを映画館での鑑賞チケット割引に使える

U-NEXTポイントを映画館での映画鑑賞チケットに交換することもできます。全国のイオンシネマやMOVIX、ユナイテッド・シネマなどで映画を割引価格でみることができますよ。

新作で見たい動画がないときは、映画館で放映されている最新作の鑑賞に使うこともできるので、無駄がありません。ネットでもリアルでも最大限に映画を楽しめますね。

動画をダウンロードできる

U-NEXTで配信されている映画やドラマは、スマホにダウンロードできます(一部動画を除く)。そのため、オフライン(インターネット環境がない)でも動画を再生できます。

地味なようですが、ダウンロードできることはすごく便利なんです。

例えば、格安SIMで容量を使いたくないとき、電車や飛行機などネット環境が不安定な場所でも、ストレスなく動画を再生できます。

動画をダウンロードに対応しているのは、AmazonプライムビデオやdTVなど一部の動画配信サービスのみ。U-NEXTのその一つです。

視聴できる機器が豊富


U-NEXTのようなインターネットの動画配信サービスは、基本的にはパソコン、スマホ、タブレットでインターネット環境に接続して視聴します

しかし、それではせっかくの映画が大画面で視聴できません。そのため、別途視聴機器を使うことでテレビで視聴できるようになります。

U-NEXTでは、現在以下の視聴機器に対応しています。

(1)Fire TV Stick
(2)Amazon Fire TV
(3)Chromecast、Chromecast Ultra
(4)Apple TV
(5)Air Stick
(6)スマートテレビ(対応モデルのみ)
(7)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ)
(8)ゲーム機(PlayStation(R)Vita TV、PlayStation(R)Vita)
(9)ホームシアターシステム
(10)U-NEXT TV
(11)Nexus Player
※型番やOSのバージョンによっては視聴できないこともあります。

これは、他の動画配信サービスと比較しても多いです。例えば、Amazonプライムビデオは、ライバル会社であるChromecastやApple TVに対応していないんですよね。

そのため、対応機器が多いU-NEXTは、もしかすると現在持っている機器を使えばテレビで視聴できるかもしれません。ゲーム機なら持っている可能性もありますよね。

もしも、いずれも保有していない場合は、AmazonのFire TV Stickがおすすめです。価格が安く、Amazonプライムビデオなどの動画も視聴できるので、コスパがいいです。

4K対応でパワフルな性能を求めるのであれば、Amazon Fire TVもいいでしょう。

スポンサードリンク

他のサービスと比較したデメリット

メリットばかりでは、他のサービスと比較しにくいので、U-NEXTのデメリットもみておきます。

見放題だけならもっと安い動画配信サービスもある

前述したようにU-NEXTは、動画見放題、雑誌読み放題、ポイントがもらえるの3本柱の定額プランです。

しかし、動画の見放題だけでよければ、HuluやAmazonプライムビデオの方が、安い料金で視聴できます。

U-NEXT 月額2,149円
Hulu 月額1,007円
Amazonプライムビデオ Amazonプライム:年額3,900円(月額325円)
Amazon Student:年額1,900円(月額158円)
dTV 月額540円

U-NEXTは、ポイントで新作が見たいかどうかが決め手になります。Huluは新作が視聴できないですし、AmazonプライムビデオやdTVは別途課金制です。

動画のラインナップのよさでいうとHuluとU-NEXTに強みがあるので、やはり料金と内容は比例しています。新作 + 見放題ならU-NEXT、新作不要なら他のサービスを検討がベストな選択といえます。ちなみに、Huluは動画のダウンロードができないので、そこも比較ポイントにしてみてください。

オリジナル動画が少ない

AmazonプライムビデオのドキュメンタルやHuluの渡部の歩き方など、オリジナルで制作している動画がU-NEXTは乏しいです。

何が見たいかにもよるので、一概にはいえませんがどうしても見たい作品があるのであれば、他の動画サービスも検討してみましょう。

利用者の口コミ・評判

私の感想だけでは、隔たるかもしれませんので、実際に利用している人の口コミをまとめました。

メリット

U-NEXTは、見たいときに見放題で見れます。お風呂上りでも休日でも、レンタルビデオ店に行かなくていいのは、ほんとうに楽です。

お試し期間を使って、無料で視聴している口コミが非常に多かったです。しかも、お試し期間中でも、有料レンタルに使える600ポイントがもらえてお得です。

U-NEXTにしかない動画もたくさんあります。動画配信サービスを選ぶポイントは「見たい動画があるかどうか」。無料お試し期間で、そのあたりも探っておくといいですよ。

私もそうですが、動画配信サービスは複数のサービスに登録しても安いんですよね。月額3,000円もかければ3つ、4つ登録できます。スカパー!やケーブルテレビを契約することを考えれば、お得すぎます。

デメリット

U-NEXTのデメリットとして多かった口コミが、HuluやdTVと比較して料金が高いこと。しかし、U-NEXTは新作レンタルで使える1,200ポイントや雑誌の読み放題もついているので、その分、高くなっています。ここが選ぶポイントになります。

動画見放題 = この世のすべての動画が見放題ではありません。権利の関係でHuluにはあるけどU-NEXTにはない動画もありますし、反対にHuluにはないけどU-NEXTにある動画もあります。

U-NEXTは、月額制なので、まったく視聴しなくても料金がかかります。月に1、2本しか映画やドラマを見ないのであれば、TSUTAYAで借りた方がお得かもしれませんね。

登録前に知っておきたいU-NEXTのよくある質問

字幕でも吹替でも見れるの?

ただし作品によります。「字・吹」と表示されている作品は、両方で視聴できます。

31日間の無料お試しの登録方法

U-NEXTを視聴するには、会員登録する必要があります。月額2,149円かかりますが、最初の31日間は無料お試し期間となります。

31日以内の解約であれば料金は、一切かかりません。

以下、登録方法の手順をまとめます。

(1)U-NEXT公式へアクセス

申し込みは、U-NEXTの公式サイトから行います。パソコンでもスマホでも、どちらでも大丈夫です。

(2)サービス内容を確認
「無料でお試し」ボタンから申し込み手続きができます。

31日間は対象の動画、雑誌が無料で見放題です。また、600円分のポイントがもらえるので、新作動画レンタルやコミック・書籍の購入もできます。

なお、U-NEXTを解約したくなっても解約金はかかりません。無料期間内の解約なら料金は一切かからないので、安心してください。

(3)必要事項を入力

氏名、生年月日、性別、メールアドレス(ログインID)、パスワード、電話番号、ギフトコード(持っている場合)を入力します。

ログインIDをメールアドレスにすることもできます。

(4)内容の確認と決済選択

入力した内容の確認と決済(クレジットカード情報)を入力します。

プランは一つのみ(トライアル)です。無料期間終了日も明記されていますよ。

(5)完了
以上で、登録は完了です。登録後はすぐにでもU-NEXTを視聴可能ですよ。

情報を入力するだけなので、登録~視聴開始まで5分もかからないくらいです。レンタルビデオ店でレンタルするより圧倒的に楽ですよ。

解約は簡単にできる?

簡単に解約できます。

(1)U-NEXTの公式サイトへアクセス
U-NEXTの公式サイトへアクセスします。

(2)ログインする
申し込みしたときの会員IDでログインします。

(3)解約手続き
メニューの設定・サポートより、契約内容の確認・変更にアクセス。表示されたサービスの「解約する」ボタンをクリックすることで解約手続きへと進めます。

ここで2つの注意点があります。

・解約すると、即時視聴できなくなる
・日割り清算はなし

U-NEXTは1か月単位の契約です。途中で解約しても日割りで料金が戻ってくることはありません。

それでも、視聴自体はすぐにできなくなるので注意です。契約終了日までの残り期間があっても視聴できません。もちろん、U-NEXTポイントも失効します。

(4)解約完了
問題なければ解約完了です。

解約金を求められることはありません。携帯電話のように「2年縛り」などはないので安心してください。

まとめ:こんな人におすすめ!

U-NEXTの評価をまとめると以下のような人におすすめです。

・たくさんの有名作品や人気作品を見放題で視聴したい
・新作も見たい
・雑誌の読み放題も気になる
・動画をダウンロードしたい

デメリットは、月額料金が高いこと。ただし、サービス内容が濃いので、価格には見合っています。用途に応じて他のサービスと比較しておきましょう。

これから登録を考えている人は以下ページもご覧ください。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年5月1日