動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

  • 見放題で楽しめる 動画配信サービス比較 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題
  • 動画配信サービスで一気に見よう ディズニー作品が見放題 スマホでもテレビでも視聴できる

U-NEXTとHuluの比較|決め手になる7つの比較ポイント

U-NEXTとHulu
人気の動画視聴サービス「U-NEXT」と「Hulu」。

どちらも定額で、映画やドラマが見放題になるので、よく比較検討されます。

しかし、動画視聴サービスをはじめて利用するのであれば「ほんとうにお得なのか」「どちらの方がメリットがあるのか」と悩んでしまうこともあるでしょう。

私は映画やドラマを見るのが好きなので、両方とも利用しています。

実際に利用してみてわかったのは、どちらが優れているサービスかは一概にはいえないこと。どちらも優れているサービスで、利用する人が何を重要視するのかで異なるからです。

このページでは、U-NEXTHuluにおいて、ここだけはチェックしておきたいという以下のポイントを比較しました。

(1)本数と質
(2)オリジナル動画
(3)視聴環境
(4)オフラインでの視聴
(5)画質
(6)付加価値
(7)料金

メリットとデメリットを考慮して、自分に合っている方を利用してみてください。

スポンサードリンク

ここが決め手!U-NEXTとHuluの7つの比較ポイント

(1)動画の本数と質|見逃し配信と音楽ライブがポイント

動画視聴サービスの魅力として、最も重要なのは動画の本数と質でしょう。「登録したものの見たい動画がなかった」のでは悲しすぎます。しかし、本数と質に関しては、両者とも優れたサービスであることは間違いありません。

ジャンルとしては、洋画、邦画、ドラマ(海外、日本)、アニメ(海外、日本)、バラエティと両者とも王道はおさえています。ただし、ラインナップと本数が異なります。

Hulu 約40,000本
U-NEXT 約150,000本(うち見放題130,000本)

本数では圧倒的にU-NEXTに軍配が上がります。

しかし、U-NEXTは、カラオケと有料レンタルが含まれているので、見放題に関してはもっと数は少なくなります。

ただし、主なジャンル別にU-NEXTの見放題作品をまとめると、以下のようになります。

洋画 約1,700本
邦画 約1,500本
海外ドラマ 約200タイトル
韓流ドラマ 約450タイトル
国内ドラマ 約400タイトル
アニメ 約1,500タイトル
キッズアニメ 約1,000タイトル

ドラマやアニメは、全話で考えるともっと本数が多くなるので、U-NEXTに関しても、Huluに匹敵する数万本の動画が見放題と考えてよいかと思います。

しかし、本数よりも見たい作品があるかどうかで、比較するのがベストです。

そして、以下は、両者で取り扱っているジャンルをまとめたものです。

Hulu 洋画、邦画、ドラマ(海外、日本)、アニメ(海外、日本)、韓流、バラエティ、ドキュメンタリー、オリジナル作品、リアルタイム(FOXチャンネル、ナショナルジオグラフィック、MTV MIX、BBCワールドニュース、日テレNEWS24、CNN/US、Baby TV)、テレビ番組見逃し配信
U-NEXT 洋画、邦画、ドラマ(海外、日本)、アニメ(海外、日本)、韓流、バラエティ、ドキュメンタリー、音楽、アイドル、ニュース、スポーツ、大人向け、テレビ番組見逃し配信、NHKオンデマンド、有料レンタル

太字のジャンルが、両者にないジャンルです。

Huluは、日テレの傘下なので、日テレで放送中のドラマやバラエティが見逃し配信で視聴できます。U-NEXTも見逃し配信に対応していますが、有料レンタルでの視聴になります。

また、Huluは、FOXチャンネルをリアルタイム配信しています。海外ドラマをいち早く視聴できるメリットがあります。

一方、U-NEXTは、音楽ライブ、アイドルのミュージックビデオが充実しています。

そして、U-NEXTの最大の魅力は、毎月有料レンタルの視聴に使える1,200ポイントがもらえるところ。

例えば、U-NEXTの新作映画は400円~500円が相場。そのポイントを使えば、2~3本の新作映画も見れます。また、NHKオンデマンドで、大河ドラマや朝ドラも視聴できます。

Huluは、リリースから一定期間経過した作品だけで、最新作の映画はなく、NHKのドラマも視聴できません。

ただし、月額料金がHuluは1,007円、U-NEXTは1,990円とおよそ2倍の差があります。

その分、U-NEXTにはポイントがつくわけですが、新作と見放題ならU-NEXT、見放題のみならHuluというすみわけができます。

とはいえ、映画、ドラマ、アニメに関しては、取り扱っている作品が異なり、どちらか一方にしかない作品もあります。Huluは、「Huluプレミア」という海外の作品を日本初上陸で、視聴できるので、海外の作品が好きならHuluが一歩リードしています。

作品は、登録前にも確認できるので、好みに応じて、チェックしておきましょう。

一つだけ言えるのは、両者とも、話題作や有名作品を豊富に取り扱っているので、登録する価値は十分にあります。

比較ポイント|メリットとデメリット

・配信本数よりも作品ラインナップをチェックする
・Huluは、日テレ番組の見逃し配信とリアルタイム配信に強み
・Huluは、海外の作品を日本初上陸で楽しめる
・U-NEXTは、音楽、アイドル動画に強み
・U-NEXTは、ポイントを使って新作視聴、NHKオンデマンドの視聴ができる
・映画、ドラマ、アニメのラインナップは互角。登録前にチェックしておく

(2)オリジナル動画|Hulu一択

動画配信サービスには、地上波やCS・BSでも放送されていない、そのサービスだけのオリジナル動画があります。ドラマやバラエティなど著名な出演者で、クオリティも高いです。

AmazonプライムビデオのHITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタルなどが有名です。

Huluにも、独自のオリジナル作品があります。以下はその一例です。

Hulu Documentary of Namie Amuro “Finally”
フジコ
雨が降ると君は優しい
代償
ソウタイセカイ
渡部の歩き方 グルメ王の休日
デスノート NEW GENERATION
でぶせん
架空OL日記
ニーチェ先生
風とロックとHulu
U-NEXT なし

小栗旬主演のドラマ「代償」やグルメ通で知られるアンジャッシュの渡部出演のグルメ番組「渡部の歩き方」など、出演者も豪華です。

一方、U-NEXTでは今のところオリジナル作品は、提供されていません。オリジナル作品が見たいならHulu一択になります。

比較ポイント|メリットとデメリット

・Huluは、オリジナル作品あり
・U-NEXTは、オリジナル作品なし

(3)視聴環境|Huluがやや優勢

視聴環境
両者ともにテレビ、パソコン、スマホ、タブレットで視聴できます。ただし、テレビを視聴するための対応機器が異なるので注意しておきましょう。

Hulu (1)Fire TV Stick
(2)Amazon Fire TV
(3)Chromecast
(4)Apple TV
(5)Air Stick
(6)スマートテレビ(対応モデルのみ)
(7)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ)
(8)ゲーム機(PS3、PS4、WiiU)
(9)Nexus Player
U-NEXT (1)Fire TV Stick
(2)Amazon Fire TV
(3)Chromecast
(4)Chromecast Ultra
(5)スマートテレビ(対応モデルのみ)
(6)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ)
(7)ゲーム機(PlayStation(R)Vita TV)
(8)U-NEXT TV
(9)Nexus Player

Fire TV Stick、Chromecastといった安価な視聴機器にも対応していますし、テレビで視聴する分には、どちらも優秀です。

あえていうなら、Huluは、ゲーム機(PS3、PS4、WiiU)での視聴方法が多くあります。

比較ポイント|メリットとデメリット

・どちらもほとんど同じ
・Huluは、ゲーム機(PS3、PS4、WiiU)にも対応している

(4)オフラインでの視聴|U-NEXT一択


動画をスマホやタブレットにダウンロードすることで、オフラインでも視聴できるメリットがあります。格安SIMで容量に制限がある人にも便利です。

Hulu 一部対象の動画のみダウンロード可能
U-NEXT ダウンロード可能

U-NEXTは、ダウンロードに対応しています。楽天モバイルのように格安SIMを利用していて容量に制限がある場合、ネットワーク環境がない場所でも、スマホにダウンロードしておけばどこでも視聴できます。

Huluは一部の対象動画のみダウンロードできます。

比較ポイント|メリットとデメリット

・U-NEXTは、ダウンロードできる
・Huluは一部の対象動画のみダウンロードできる

(5)画質|U-NEXTは4K、フルHDに対応


画質は映像の美しさです。視聴するデバイスや動画によって異なりますが、基本的には以下の画質に対応しています。

Hulu HD(720p)、SD、360p、288p
U-NEXT 4K、フルHD(1080p)、SD

U-NEXTは、4Kに対応しています。しかし、対応している作品の数が少ないので、完全なメリットとは言い難いです。とはいえ、フルHDに対応している分、U-NEXTが優勢です。

とはいえ、私もテレビやスマホでHuluをHDで視聴していますが、何のストレスもなく十分に楽しめています。

比較ポイント|メリットとデメリット

・U-NEXTは、4K、フルHDに対応
・HuluのHDでも十分きれい

(6)付加価値|U-NEXTは動画以外のサービスも素晴らしい


動画が見放題というのは、両者とも同じです。しかし、それ以外の付加価値はどうでしょうか。

Hulu なし
U-NEXT ・70誌以上の雑誌が読み放題
・200,000冊以上の電子書籍にポイントが使える
・ポイントを映画館での割引クーポンに交換できる

U-NEXTは、月額1,990円を支払うと、「動画見放題」「雑誌読み放題」「毎月1,200ポイント」の3つのサービスが利用できます。

雑誌読み放題は、ファッション誌、ビジネス雑誌、スポーツ、週刊誌など、70誌以上の雑誌が好きなだけ読み放題。毎月、新刊もでます。

そして、毎月1,200ポイントがもらえます。このポイントは、動画の有料レンタルだけでなく、電子書籍(マンガ、本)、そして映画館での割引クーポンにも利用できます。

動画だけでなくいろんな楽しみ方ができるのが、U-NEXTのメリットです。月額料金が、他の動画配信サービスと比較して高いのは、それが理由です。

Huluは動画を視聴するために特化したサービスなので、これといった付加価値はありません。

付加価値が高い動画配信サービスとしては、プライム会員の特典がつく、AmazonプライムビデオU-NEXTが優秀です。

比較ポイント|メリットとデメリット

・U-NEXTは、70誌以上の雑誌が読み放題
・U-NEXTは、200,000冊以上の電子書籍にポイントが使える
・U-NEXTは、ポイントを映画館での割引クーポンに交換できる
・Huluは、動画以外の付加価値がない

(7)料金|Huluの方が安い

Hulu 月額1,007円(税込)
U-NEXT 月額1,990円(税込)

単純に料金を比較すると圧倒的にHuluが安いです。動画見放題のみを楽しみたいならHulu一択です。

U-NEXTは「動画見放題」に加え、「雑誌読み放題」「毎月1,200ポイント」が付くので、それを価値ととらえるかどうかです。

後は、このページでも紹介した作品の本数と質、オリジナル作品を比較して、選んでみてください。あくまで、メインは動画なので、見たい作品があるかどうかが重要です。

両者ともに、お試し期間内(Huluは2週間、U-NEXTは31日間であれば、解約しても料金は一切、かかりません。

まとめ

最後にU-NEXTとHuluの重要なポイントを比較してまとめます。

・配信本数よりも作品ラインナップをチェックする
・映画、ドラマ、アニメのラインナップは互角。登録前にチェックしておく

・Huluは、日テレ番組の見逃し配信とリアルタイム配信に強み
・Huluは、海外の作品を日本初上陸で楽しめる
・Huluは、オリジナル作品あり
・Huluは、ゲーム機(PS3、PS4、WiiU)での視聴に対応している
・Huluは一部の対象動画のみダウンロードできる
・Huluは、HDに対応。
・Huluは、動画以外の付加価値がない
・Huluは、月額1,007円(税込)
・Huluは、無料お試し期間2週間

・U-NEXTは、音楽、アイドル動画に強み
・U-NEXTは、ポイントを使って新作視聴、NHKオンデマンドの視聴ができる
・U-NEXTは、オリジナル作品なし
・U-NEXTは、ダウンロードできる
・U-NEXTは、4K、フルHDに対応。ただし、4kの数は少ない
・U-NEXTは、70誌以上の雑誌が読み放題
・U-NEXTは、200,000冊以上の電子書籍にポイントが使える
・U-NEXTは、ポイントを映画館での割引クーポンに交換できる
・U-NEXTは、月額1,990円(税込)
・U-NEXTは、無料お試し期間31日間

個人的には、動画視聴サービスの本質である「動画を視聴する」という点ではHuluに軍配が上がります。

U-NEXTは、雑誌読み放題と有料動画のレンタル、映画館での割引に、ポイントが使えるので、幅広い楽しみ方ができることが強みです。

最終的には、視聴できる動画のラインナップによるので、好みに分かれます。両方に登録してみて、無料お試し期間で探ってみるのがおすすめです。

作品名から動画配信サービスを探す

洋画 邦画
国内ドラマ 海外ドラマ
アニメ 子供向け
ディズニー ジブリ
スポーツ中継 バラエティ
音楽 出演者

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年10月26日