動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

dTVの口コミ評判|他のサービスと比較して決定的に優れているポイント

dTVの口コミ評判
「会員数、作品数No1なら登録する価値あるかな?」

dTVはドコモが手がける映画やドラマ、バラエティが見放題の動画配信サービスです。

元々はドコモの携帯電話の利用者しか登録できませんでした。それが2014年頃からはドコモ登録者以外でも加入できるようになり、利用しやすくなったんですよね。

そうなると、HuluやAmazonプライムビデオといった人気の動画配信サービスとどうしても比較してしまいます。

しかし、動画配信サービスはどれも似たようなもので「パッと見た感じdTVのメリットがいまいちわからない」と思われるかもしれません。

そこで、dTVの優れているポイントを徹底的に比較しました。そこで、他よりも決定的に優れていると感じたのは以下の4点。

・月額540円の格安料金で見放題
・dTVならではの動画ラインナップ
・動画をダウンロードできる
・視聴できる機器が豊富

dTVの最大の強みは月額料金が安いこと。それでいて、有名作品や話題作品も視聴できるので、チープな感じがしないんですよね。

低価格で魅力的な動画を楽しめる動画配信サービスとしてトップクラスです。Amazonプライムビデオと1位、2位を争うコスパですよ。

このページでは、dTVのメリットやデメリットなど、口コミ情報をお届けします。

スポンサードリンク

dTVとは


まずは「どんなサービスかよくわからない」という人のために、基本的なサービス内容を紹介します。

dTVとは、スマホ、タブレット、パソコン、テレビで動画を視聴できるサービスのことです。

料金プランは2つ。見放題の定額サービスと有料作品を単品でレンタルするプランがあります。

動画見放題 月額540円
単品レンタル 1本108円~

月額見放題では、洋画、邦画、アニメ、海外・国内ドラマ、バラエティ、音楽など18ジャンル、12万作品が見放題になります。

後ほど紹介しますが、dTVでしか見られないラインナップもあり、月額540円であればかなり魅力的です。

新作映画や新作アニメは、単品レンタルすることができます。レンタルビデオ店に行く必要がなく、品切れの心配もないので、話題の作品を好きな時に視聴できます。

見放題と単品レンタル。サービス内容としては、AmazonプライムビデオやU-NEXTと同じですね。

dTVの評価|最強に優れている3つのメリット

格安料金で見放題

dTVでは、月額540円で動画が見放題になります。いつでも、何度みても無料です。

そして、他の動画配信サービスと比較してもかなり安いです。

dTV 月額540円
Amazonプライムビデオ Amazonプライム:年額3,900円(月額325円)
Amazon Student:年額1,900円(月額158円)
Hulu 月額1,007円
U-NEXT 月額2,149円

月額数百円の動画は新サービスは多々あります。しかし、dTVは作品のラインナップが充実していているにも関わらずこの料金。Huluの半額です。

とはいえ、料金が高いだけあって、充実度はHuluやU-NEXTの方が上です。でも、結局選ぶ基準は「見たい動画があるかどうか」なので、dTVで満足できるならこの低価格は魅力的ですね。

dTVならではの動画ラインナップ

dTVでは「12万本の動画が見放題」となっていますが、あまり人気のない作品も含まれているので、数はあまり重要ではありません。そもそも12万本も見る時間がないですよね笑。

では、dTVで魅力的な番組は何か。

まずは、元々BeeTVと呼ばれていたオリジナル作品。ドラマ、バラエティ、アニメなど200作品以上が見放題で視聴できます。

・「闇金ウシジマくん」のオリジナルドラマ
・実写ドラマ「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙」
・「悪の教典~序章~」
・深夜番組で人気の「ゴッドタン」のオリジナル番組
・BeeTV史上No.1お笑い番組「トゥルルさまぁ~ず」

これらは、dTVだけで視聴できる人気作品のオリジナル番組ですよ。

次に注目したいのがアメリカの人気ドラマを放送している「FOXチャンネル」がリアルタイムで視聴できること。ウォーキングデッドやプリズン・ブレイクの最新シーズンもいち早く視聴できました。

dTVはエイベックスも運営に携わっているので、音楽番組も他にはないラインナップ。 例えば、三代目J Sould Brothers、AAA、BIGBANGのライブ映像を視聴できます。音楽ライブを見放題で視聴できる動画配信サービスは少ないんですよね。

他にも、人気アーティストのミュージックビデオやカラオケも充実していますよ。 また、オリジナルVR作品を視聴できるdTV VRでは、a-nation stadiumfes. Powered by dTVのライブをVR映像で楽しめます。

このように、オリジナル作品を視聴できるだけでも価値があります。

アニメではアンパンマンや名探偵コナン、妖怪ウォッチなど子供向け番組も充実。映画もハリウッド映画や話題作がラインナップされていますよ。

わずか月額540円で視聴できるにしては内容が濃いです。1ヶ月に2、3本も見れば、すぐに元をとれると思います。家族でも楽しめますね。


なお、dTVは登録前でも見放題の番組を確認できます(一覧で見放題を選択)。

「見たい動画があるか不安」という人は、登録前に確認しておきましょう。

動画をダウンロードできる

dTVで配信されている映画やドラマは、スマホにダウンロードできます(一部動画を除く)。そのため、オフライン(インターネット環境がない)でも動画を再生できます。

地味なようですが、ダウンロードできることはすごく便利なんです。

例えば、格安SIMで容量を使いたくないとき、電車や飛行機などネット環境が不安定な場所でも、ストレスなく動画を再生できます。

動画をダウンロードに対応しているのは、AmazonプライムビデオU-NEXTなど一部の動画配信サービスのみ。dTVもその一つです。

私は楽天モバイル(格安SIM)を利用していて、毎月の容量が5GBしかありません。そのため、外で見るときは自宅のWiFiでダウンロードした動画を見ています。どこでも視聴できるので、かなり便利ですよ。

テレビで視聴できる機器が豊富

dTVのようなインターネットの動画配信サービスは、基本的にはパソコン、スマホ、タブレットでインターネット環境に接続して視聴します

しかし、それではせっかくの映画が大画面で視聴できません。そのため、別途視聴機器を使うことでテレビで視聴できるようになります。

dTVでは、現在以下の視聴機器に対応しています。

(1)Fire TV Stick
(2)Amazon Fire TV
(3)Chromecast
(4)Apple TV
(5)スマートテレビ(対応モデルのみ)
(6)AndroidTV
(7)ブルーレイレコーダー(対応モデルのみ)
(8)ひかりTVチューナー
(9)dTVターミナル

これは、他の動画配信サービスと比較しても多いです。例えば、Amazonプライムビデオは、ライバル会社であるChromecastやApple TVに対応していないんですよね。

そのため、対応機器が多いdTVは、もしかすると現在持っている機器を使えばテレビで視聴できるかもしれません。

もしも、いずれも保有していない場合は、AmazonのFire TV Stickがおすすめです。価格が安く、Amazonプライムビデオなどの動画も視聴できるので、コスパがいいです。

4K対応でパワフルな性能を求めるのであれば、Amazon Fire TVもいいでしょう。

詳しいメリット、デメリットや使い方は以下ページにまとめました。

スポンサードリンク

他のサービスと比較したデメリット

メリットばかりでは、他のサービスと比較しにくいので、dTVのデメリットもみておきます。

ボリューム感が乏しい

他の動画配信サービスと比較すると全体的なボリューム感はやや劣ります。価格が2倍ほど違うので、そこは仕方ないと思いますが。以下は、見放題で視聴できる動画数の比較表です。

洋画 邦画 ドラマ
dTV 1,119本 707本 497本
Amazonプライムビデオ 2,522本 1,063本 842本
Hulu 1,725本 770本 1,395本

※2017年5月現在の情報です。

◯◯◯◯本が視聴できる!とうたわれていても、有料作品が含まれていることがあったり、ほとんど見る機会がなさそうな番組があったりするので数と質をバランスをみておくことが大事です。結局のところ、何が見たいかによるんですよね。

ただ、何度も言うようにdTVは料金が安いので、コスパは本当に素晴らしいといえます。

4K対応動画が少ない

dTVはSD画質、HD画質、4K画質に対応しています。画質にこだわりがなければ、問題ありませんがやはりHD画質以上がキレイです。

HD画質に関しては、めぼしい作品にはほぼ対応しています。ただし、4K画質に関しては、現状10作品以下しかありません。ほとんど対応していないのと同じです。4Kに関しては期待しないでおきましょう。

とはいえ、他の動画配信サービスでも対応数は少ないので、まだまだこれからですね。

利用者の口コミ・評判

私の感想だけでは、隔たるかもしれませんので、実際に利用している人の口コミをまとめました。

メリット

dTVは、31日間の無料お試し期間があります。無料お試し期間内の解約であれば、料金は一切かかりません。

月額540円の安さに、メリットを感じている口コミがすごく多かったです。HuluやU-NEXTと比較しても破格ともいえる安さです。

いつでも好きなときに視聴できることが、dTV最大のメリットです。見放題なので、ドラマ全話を一気に視聴できます。

デメリット

dTVは、すべての動画が見放題ではありません。新作映画など、一部、有料レンタルの作品もあります。

動画見放題 = この世のすべての動画が見放題ではありません。権利の関係でHuluにはあるけどdTVにはない動画もありますし、反対にHuluにはないけどdTVにある動画もあります。自分が見たい動画があるかを確認しておきましょう。

dTVに限らず、動画配信サービスは、インターネットを使って動画を視聴します。格安SIMなど限られた容量しかないなら、容量が足りなくなることもあります。できるだけWiFi環境で視聴することをおすすめします。

まとめ:こんな人におすすめ!

dTVの評価をまとめると以下のような人におすすめです。

・格安料金で動画見放題を楽しみたい
・dTVのオリジナル作品(BeeTV)を視聴したい
・FOXチャンネルや音楽番組を見放題で視聴したい
・動画をダウンロードしてオフラインで視聴したい

デメリットは、他の動画配信サービスと比較してボリューム感に欠けるところ。ただし、料金が安いので見たい番組があるなら、安く楽しめるのでお得感は高いです。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年5月2日