動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

  • 見放題で楽しめる 動画配信サービス比較 映画やドラマ、アニメなどの動画が見放題
  • DAZNが1ヶ月無料 野球やサッカーなどのスポーツ中継が見放題

【1,000円台から】おすすめのVRゴーグル比較|スマホをセットするだけで遊べる!

VRゴーグル
VRゴーグルを使えば、スマホで簡単にVRの世界を楽しむことができます。

VRと聞くと、PlayStation VRのような高価な機器を思い浮かべるかもしれません。しかし、「VRを試してみたい」のなら、1,000円台で購入できるVRゴーグルからはじめてみるのもおすすめです。

私もVRに関しては、興味本位だったので、まずは、VRゴーグルを購入してみました。スマホなら無料でVRが遊べるアプリもたくさんありますし、360度の仮想世界を楽しむ分には、十分なんですよね。

このページでは、1,000円台の低価格から買えるおすすめのVRゴーグルと選ぶときのポイントなどを紹介します!

スポンサードリンク

VRゴーグルの選び方

似たような価格帯のVRゴーグルはたくさんあります。何を基準に選んだらいいのか分からない場合は、以下を参考にしてみてください。

(1)ヘッドフォンの有無
(2)焦点距離と視界距離の調整
(3)音量の調整が可能か
(4)タッチボタンの有無
(5)使用したいスマホが対応しているか
(6)快適性
(7)デザイン

それぞれ詳しくみていきます。

(1)ヘッドフォンの有無

ヘッドフォン

あらかじめVRゴーグルに、ヘッドフォンが付いているものと付いていないものがあります。

ヘッドフォン付きなら、イヤホンジャックにさして頭にかぶるだけなので、楽です。それに、周りの音を遮断することで、没入感が出るので、VRの世界にどっぷりと浸ることができます。

ただし、やや価格は高くなります。予算との相談になりますが、ヘッドフォンが付いている方が楽しみやすいと思います。

(2)(3)各種調整

各種調整

「焦点距離と視界距離の調整」「音量の調整」は、VRゴーグルを装着したままでも操作できるものを選びましょう。微調整が必要になってくるので、いちいちゴーグルを外していたら面倒なんですよね。

(4)タッチボタンの有無

タッチボタン
タッチボタンが付いていれば、VRゴーグルをつけたままでも、メニューの選択ができます。指の代わりにタップできて便利。ゲームをやるのであれば、頻繁に使うこともあるので必須です。

(5)使用したいスマホが対応しているか

スマホ

基本的には、スマホをVRゴーグルにセットする仕組みになっています。そのため、サイズが対応していないと入らないこともあります。対応機種やサイズが合うかどうかはよく確認しておきましょう。

(6)(7)快適性とデザイン

VRゴーグル
ダンボールで出来ている簡素なものから、頭のサイズに合わせて調整できるものまで様々。ゲームなど長時間遊ぶことが目的であれば、軽くて装着感のいいものを選びましょう。

頭に触れる部分が、クッション素材になっていると痛くないのでおすすめです。

おすすめのVRゴーグル

ここからは、実際に自分で使ったものやAmazonでも高い評価を獲得しているものばかりを厳選しました。

Amazonでレビュー数が最も多い「VOX PLUS 3DVR」

特徴

・焦点距離と視界距離を調整可能
・4~6インチのスマホに対応
・スマホ用に設計された3Dメガネ

Amazonで700以上の圧倒的なレビュー数を誇るゴーグル。スタンダードな一品で、VRゴーグルの入門に最適。1,000円台で購入できる手ごろさも魅力です。

対応機種

スマホのサイズの制限だけなので、スマホ機種の制限なし。
・仮想画面:4.0-6.0インチ
・スマホのサイズ:長さの上限ー160mm;幅の上限ー82mm

Apple iPhone7,7plus, Se, 6s, 6s Plus, 6 Plus, 5, 5C, 5S,Sony Xperia XZ, Z3, Z5, Premium, X Compact, XA, Ultra, T2, Edge HTC One 10 A9 X V S M9 M8, LG G5, Optimus F3, Nexus 5 6 7 9 10, Motorola Droid RAZR MAXX, Blackberry ,SHARPなど

ヘッドフォン一体型「VOX PLUS BE 3DVR」

特徴

・ヘッドフォン一体型
・受話ボタン、音量調整、焦点距離、視界距離を調整可能
・タッチボタン付き

私もこのVRゴーグルを愛用しています。ヘッドフォン一体型で没入感もあり、最低限の機能もそろっています。価格も手頃でコスパがいいんですよね。

対応機種

スマホのサイズの制限だけなので、スマホ機種の制限なし。
スマホのサイズ:長さの上限ー165mm;幅の上限ー83mm

Apple iPhone7,7plus, Se, 6s, 6s Plus, 6 Plus, 5, 5C, 5S,Sony Xperia XZ, Z3, Z5, Premium, X Compact, XA, Ultra, T2, Edge Huawei P9,HTC One A9 X V S M9 M8, LG G5, Optimus F3, Nexus 5 6 7 9, Motorola Droid RAZR MAXX, Blackberry ,SHARP,Motorolaなど

多機能VRゴーグル「VOX PLUS FE 3DVR」

特徴

・高級感、高弾性、防塵性、耐オゾン性に優れた弾性ゴム素材
・ヘッドフォン一体型
・受話ボタン、音量調整、焦点距離、視界距離を調整可能
・タッチボタン付き

黒いボディがカッコいいVRゴーグル。多機能でありつつ、丈夫な素材が使われています。

対応機種

スマホのサイズの制限だけなので、スマホ機種の制限なし。
スマホのサイズ:長さの上限ー165mm;幅の上限ー83mm

Apple iPhone7,7plus, Se, 6s, 6s Plus, 6 Plus, 5, 5C, 5S,Sony Xperia XZ, Z3, Z5, Premium, X Compact, XA, Ultra, T2, Edge Huawei P9,HTC One A9 X V S M9 M8, LG G5, Optimus F3, Nexus 5 6 7 9, Motorola Droid RAZR MAXX, Blackberry ,SHARP,Motorolaなど

使いやすさにこだわったワンランク上のVRゴーグル「T-PRO 3D VR ゴーグル」

特徴

・人間工学に基づいた装着感のいいヘッドパット
・長時間の利用でも疲労しにくい三軸固定ヘッドストラップ
・30日間の返金保障/1年間の交換保障付き
・音量調整、焦点距離、視界距離を調整可能
・タッチボタン付き
・ヘッドフォン一体型

日本国内メーカーが手がけるVRゴーグル。5層の専用レンズによるクリアなVR映像、フィット感の高いベルト、人間工学に基づいた立体縫製レザークッションなど、上質なVR体験が実現できます。

対応機種

3.5~6インチまでのスマホ各種対応

Apple iPhone7,7plus, Se, 6s, 6s Plus, 6 Plus, 5, 5C, 5S, se,(iphone7/7plusはiphone本体付属のイヤホン変換コネクタを使用して接続いただく必要があります), Sony Xperia XZ, Z3, Z5, Premium, X Compact, XA, Ultra, T2, Edge, Samsung Galaxy S7, S6 Edge, S6, S5, S4, S3, Note 7, 5 4, Tab, SHARP,Motorola, Huawei P9,HTC One A9 X V S M9 M8, LG G5, Optimus F3, Nexus 5 6 7 9, Motorola Droid RAZR MAXX, Blackberry ,その他

リモコン付き「Canbor VRヘッドセット」

特徴

・リモコン付き
・ブルーライトを軽減
・4~6インチのスマホに対応
・瞳孔間距離(PD)と焦点距離調整可能

リモコン付きのVRゴーグル。装着したままでもゲームやアプリを快適に楽しめます。デザインや機能も他と遜色なく多機能。リモコンで操作を快適にしたい人におすすめ。※リモコンは一部対応していない機種があるので注意

対応機種

4~6インチのスマートフォン IOS/Android

iPhone 6S 6 SE 5S 5 サムソンGalaxy S7/S6 Edge S7 S6 S5 S4 Note 5 4
LG G3/SONY Experia T2 Ultra/Xperia Z3+/Nexus 6P/HTC One Max/One M9/ASUS Zenfone 2 マイクロソフト& PC phones シリーズなど。

価格が安い「Linkcool Google Cardboard」

特徴

・ダンボール素材
・組み立て式でコンパクト
・3.5~5インチ以内のスマホに対応

1,000円前後で購入できるVRゴーグル。その分、最低限の機能しかついていませんが、VRを試してみたいという人にとっては手軽です。

対応機種

3.5~5インチ以内のスマホに対応

スポンサードリンク

VRゴーグルのデメリット

VRゴーグルがないとVRを体験できないので、必須アイテムであることは確かです。商品の良し悪しはあるかもしれませんが、VRゴーグル自体にデメリットはありません。

あえて弱点をいうなれば、酔ってしまうことがあります。焦点が合わなかったり、アプリの品質が悪かったり、長時間使用していたり。

それと自分の体質も関係してくると思います。私もはじめて体験した時は、酔ってしまったので笑。

まとめ

VRゴーグルを購入してみて分かったのは、想像以上のクオリティであること。目の前に仮想空間が広がるのは、ほんとうにすごいです。

それほど高い買い物でもないので、気になっているなら体験してみることをおすすめします。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年5月23日