動画トレンド情報

映画やドラマ、アニメ、スポーツ中継が見放題で視聴できる動画配信サービスを徹底比較!あなたが見たい動画が見つかります!

スポナビライブの口コミ評判|他のサービスと比較して決定的に優れているポイント

スポナビライブ 口コミ評判

※スポナビライブは2018年5月31日(木)にサービスが終了しました。プロ野球や海外サッカーを視聴する場合はDAZNがおすすめです。

「スポナビライブってどうなの?」

ソフトバンクやヤフー関連のサービスを利用しているなら、一度は広告を見たことがあると思います。

スポナビライブとは、ソフトバンクが手がける動画視聴サービス。プロ野球、サッカー、テニス、バスケといったスポーツがライブ中継で視聴できます。他のサービスと比較して価格が安く、お得にスポーツ番組を楽しめるという点では群を抜いています。

私もプロ野球をはじめスポーツが大好きなので、実際に利用しています。

しかし、いくらお得でも番組の充実度や画質、使い勝手のよさなど不安になることもありますよね。スポーツを視聴するなら、スカパー!やWOWOW、J:COMなど老舗の放送局もあるので、比較している人も多いはず。

私も比較しましたが、どう考えてもスポナビライブの方がお得そうだったんですよね。

その感想を一言でいうと「スポーツ中継の革命」といえるほど大満足しています。ほんとに素晴らしい。そう思える理由は以下の5点です。

・価格が安い
・スポーツ中継の番組内容が価格のわりに充実している
・生放送中でも見逃し配信が可能
・複数の試合を同時に視聴できる
・画質キレイで動作も快適

この先、スカパー!は危ないんじゃないかと思えるくらい、スポナビライブは優れていました。

このページでは、スポナビライブのメリットやデメリットなど、実際に使って分かった口コミ情報をお届けします。

スポンサードリンク

スポナビライブのメリット

ここからは、実際に利用して「これは素晴らしい!」と思えたメリットを紹介します。

価格が安い

スポナビライブは、以下のような料金体系です。

Yahoo!プレミアム加入者 月額980円
ワイモバイル加入者 月額980円
ソフトバンク加入者(携帯電話) 月額980円
上記以外 月額1,480円

Yahoo!プレミアム、ワイモバイル、ソフトバンク加入者であれば、月額980円で利用できます。

もしも、いずれにも該当しない場合は、Yahoo!プレミアムに加入するのがベスト。Yahoo!プレミアムは、ヤフオクやロハコ、Yahoo!ショッピングでお得な特典がつくサービス。月額料金を加味してもどう考えてもお得なので私も加入しました。

スカパー!やWOWOWは、安いプランでも1,500円以上かかるので破格ともいえる価格設定です。もちろん、放送される番組の内容は異なりますが、価格の割には充実しています(次項で紹介します)。

スポーツ中継の番組内容が価格のわりに充実している


スポナビライブは、スポーツ中継がライブ(生放送)で視聴できることが最大の強みです。主に、以下のスポーツがパソコン、スマホ、タブレット、テレビで視聴できます。

プロ野球 10球団が主催するオープン戦、公式戦およびクライマックスシリーズ、西武ライオンズ主催の2軍公式戦(一部除く)。福岡ソフトバンクホークス、北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズ、埼玉西武ライオンズ、オリックス・バファローズ、東北楽天ゴールデンイーグルス、東京ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、中日ドラゴンズ、横浜DeNAベイスターズ
サッカー ・プレミアリーグの全試合
・リーガ・エスパニョーラの全試合
B.LEAGUE B.LEAGUE公式戦(B1、B2のリーグ戦及びプレーオフ)
テニス ・ATP250:年15大会(全40大会)のそれぞれ準々決勝2試合、準決勝2試合、決勝1試合 ・ATP500:年12大会(全13大会)の一部を除く試合 ・ATP1000:年12大会(全12大会)の一部を除く試合 ・ファイナルズ:一部を除く試合
大相撲 年6場所、序ノ口から幕内まで全取組
その他スポーツ MLB、女子プロ野球、卓球、アメリカズカップ(ヨットレース)、KNOCK OUT

最もコスパがいいのはプロ野球。広島と巨人を除く10球団主催の公式戦が視聴できます。スカパー!プロ野球セットよりも試合数は少ないですが、価格が安いので価値があります。

他にも、イングランドのプレミアリーグ、スペインのリーガ・エスパニョーラの全試合が視聴できるので、海外サッカーファンもうれしいところ。

バスケットボールの初代日本プロリーグ「B.LEAGUE」やテニスもおもしろいです。私は野球以外はあまり見る機会がなかったのですが、スポナビライブを申し込んでからはいろんなスポーツが好きになりました。

生放送中でも見逃し配信が可能

生放送で中継を見ていると「トイレに行っている間に大事なプレーを見逃した」「ファインプレーをもう一度見たい」といったことがありますよね。

テレビならハイライトを待つしかなかったんですが、スポナビライブがすごいのは、見逃し配信ができること。


プレイヤーを操作すれば、巻き戻して視聴することができます。どんな些細なシーンでも、じっくりと何度でも視聴できますよ。

プレイヤーは、上記のようになっていてYouTubeのリアルタイム版(生放送)と考えてもらえれば分かりやすいと思います。プレイヤーを操作して動画をコントロールできます。

また、ライブ中継された動画は、配信後1週間は丸ごと視聴できるので、休日や帰宅後でも楽しめます(一部対応していない中継もあります)。

複数の試合を同時に視聴できる


スポナビライブは、ネット配信なので上記のようにパソコンで複数の試合を同時に4つまで視聴できます(プレミアリーグは同時2視聴まで)。家族からテレビを占領しなくても夢のようなひと時を過ごせます。


それにスマホならメンバー表や試合経過などの情報も同時に見れます。ただ、試合が見れるだけでなく楽しめる要素が多いんですよね。

画質キレイで動作も快適

画質は「低画質」「標準画質」「高画質」「フルHD画質」の4つのモードに対応。標準画質でもスポーツ番組を見るぶんには十分です。フルHDならかなり鮮明な映像になってすごくキレイです。

ただし、高画質になるほど、重たくなるので「ネットワーク速度が遅いところでは、標準画質で視聴する」といった使い分けができます。

それでも、私は主にデスクトップパソコンもしくはスマホ(WiFi)で視聴していますが、動作がカクカクすることなく、スムーズに再生できています。おそらく、よほど電波の悪いところではない限り、ストレスなく視聴できると思います。

スポナビライブのデメリット

WiFi環境が望ましい


ネット中継なので、インターネットへの接続が必要です。スマホやタブレットの場合は、できるだけWiFi接続での視聴がおすすめです。

私は楽天モバイルを使っているのですが、4Gでのデータ通信では映像を受信するのに時間がかかりました。具体的にはWiFiは5秒くらい、データ通信は30秒くらいの時間差があります。それに、データ通信では、途中でクルクルと止まることもあり、十分ではありません。

とはいえ、4G(データ通信)でも視聴できないわけではないので、容量に気を付ければ、通勤電車や外出先での視聴も可能です。

なお、家の中でWiFi環境にするには無線ルーターを購入すれば簡単にできます。私はAmazonプライムビデオも利用しているのですが、無線ルーターがあれば、スマホの容量も使わなくていいので、動画を視聴するにはあった方が絶対にいいです。

スポーツ以外の番組がない

スポナビライブは、スポーツ専門の動画視聴サービスです。スカパー!のチャンネルやWOWOWのように、映画やドラマは一切、放送されていません。


では、ライブ中継以外はどんな番組が放送されているかというと、「スポーツ関連の情報番組・トーク番組」「見逃し配信(再放送)」「ハイライト」が放送されています。

テレビのように決まった放送時間に視聴するのではなく、見たい番組をメニューから選択することで、いつでも好きなときに楽しめます。

スポンサードリンク

スポナビライブの評価:こんな人におすすめ

スポナビライブの評価をまとめると以下のような人に最強におすすめです。

・安い価格でスポーツ中継を見たい
・プロ野球をできるだけ安く多くの試合をみたい
・プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラの試合がみたい
・B.LEAGUEの試合がみたい
・スマホやタブレット、パソコンでもみたい

デメリットは、スポーツ番組しかないことですね。映画やドラマも見たいならスカパー!の方がいいかもしれません。

とはいえ、スポーツを視聴するという点では、今のところNo1のコスパだと思います。私も実際に利用してみて大満足でした。

現在、最大1ヶ月無料で見放題となるキャンペーンが開催されています。

※当サイトで紹介している動画は、配信終了になる可能性もあります。現在の配信状況は公式サイトでご確認ください。

特集

簡単安い!自宅でWiFi特集

自宅でWiFiを安く簡単に使う方法

「自宅をWiFi環境にしたいけど難しそうでやりかたがわからない!」

インターネットは専門的な用語も多く、わかりにくさがあるかもしれません。

しかし、今はニーズが拡大しているため、簡単に設定できるサービスが多く、自宅をWiFi環境にすることは素人でもできます。

WiFi環境にすれば、パソコンだけでなく、テレビの大画面やスマホ、タブレット、ゲーム機でも動画を楽しめますよ。

以下ページでは、自宅をWiFi環境にする方法をわかりやすくまとめました。すでにWiFi環境がある方も今のインターネット回線から別の方法に乗り換えることで、月額料金を安くすることもできます。

公開日:2017年4月4日